闇金の取り立てに困ったときに相談するのは?

闇金は違法な金利で貸付を行なっていますから、契約自体をなかったものとすることができます。そのため、法的に返済する義務はありません。しかし、そんなことはわかっていて闇金をやっていますので、違法だから返済しないといっても取り立ては止まないでしょう。個人の力で闇金問題を解決するのは難しいことが多いようです。
警察に相談した場合は、担当者によって対応がいくらか変わってきます。担当者が親身になってくれる場合は、闇金に電話して取り立てを止めるように言ってくれることもあるようです。しかし、基本的に民事不介入ですから、警察だけではあまり頼りにはできないでしょう。
本当に闇金の取り立てを止めさせたい場合は、闇金問題に強い弁護士や司法書士に相談するのが効果的といえます。電話やメールで無料相談を受付けているところは多いですし、報酬も分割や後払いにしてくれるところもあります。闇金からすれば、お金をかりた本人が返済しないといっている上に、法律の専門家が後ろにいて警察にも相談しているというのが一番困る状況です。返済しないからといって嫌がらせでもしようものなら、すぐに弁護士が被害届けを出して警察がでてくるかもしれません。このように、闇金融の取り立てを諦めざるを得ないような状態を作ることが大切です。